So-net無料ブログ作成

デトックス 新メニュー   [友人]

531y1.jpg
豆乳リゾット




デトックスしましょう。
とうふアレンジ料理 & カフェ わい
http://www.ab.auone-net.jp/~wai/
相模原市中央区清新5-1-22




531y2.jpg
豆腐ゴハン アボガド




バリで出会った22年前は普通の、いやちょっと変わったおばさん(ゴメンナサイ)
その前はファッション業界でバリバリの活躍。
10年前から始めたのは豆腐屋さん。
デザート豆腐は大好評でテレビ、雑誌などでも数多く取り上げられる。
自前で作る豆腐をアレンジした料理で、身体の中からみんなを元気にしたいとレストラン&カフェをオープン。





531m.jpg




おしらせ [友人]

nsn.jpg



西野正望 展「銀景~記憶の沁み、光の沁み」

2009年10月23日(金)~10月30日(金)
12:00~18:30 日曜日休廊 最終日 17:00まで
中央区銀座5-3-12壱番館ビルディング4F 
03-3575-0013
東京メトロ銀座駅C3出口より徒歩1分
http://enjoy1.bb-east.ne.jp/~nishino/information.html




西野さんとはバリで知り合った。
そのとき、数えきれないほど通ったバリでも、絶対に忘れられない儀式と出会った。

サンヒャン・ドゥダリ。
疫病や災害がおこった時、厄よけの奉納として、あるいは神様からお告げを聞くために、特別に選ばれた少女達が時間をかけて清められ、そして催眠状態になりながら踊る村がある。

僕は日本からバリに到着した日、空港からウブドゥに向かう途中のクルマの中で、いつもとはどこか違った雰囲気を持ったオダラン(祭り)とすれ違った。
迎えにきてくれたドライバーにクルマを止めてもらい、引き返す。
儀式に着る正装ではなかったため、門の外で村人に祭りのことを聞く。
サンヒャン・ドゥダリという珍しい儀式が数日後にあるということを教えてくれた。
本では読んでいたが実際に出会ったことはない。
翌日、バリで日本食レストランを経営する友人にこの話をする。
そのとき「一緒に行きましょう」と言ったのが西野さんである。
儀式は撮影禁止のためにじっくりと観た。
サンヒャン・ドゥダリ、その意味のとおり、まさに天使の降りた夜だった。

帰国して数年間は西野さんと会うことはなかった。
昨年、バリから来日したスダマニのコンサートで再会。
そして今年も会場で、打ち上げのレストランで話がはずむ。
バリで会ったときは僕はまだガムランをはじめてなかったので話題はでなかったが、再会して西野さんがバロン倶楽部の創立にかかわっていたことをしる。
バロンの頭を制作したメンバーであり、芸大でガムランにも関わっていた。
バリとの歴史が古い人であり、縁を感じる。
バリを描いた作品は美しく、あのバリで観た天使達がよみがえる。
会場で飾られた新作は心の奥が揺れてくる。
いつかどこかで観た景色なのだろうか。
またコカコーラから販売されている「茶花」のイラストレーションはユニークで楽しめる。

ぜひ銀座に足を運んでください。






コメント(2) 

カレー、鍼、友人 [友人]

先週からカレーを撮っている。

カレーを特集する雑誌で、ある特集ページを頂いた。
カレーは何度も撮っているが、今年は初めてなので家で何度かテストをする。
どんなジャンルのカレーなのか、ルーツ、気候風土、食べ方、雑誌の紙質、そんなことを考えながらテストする。
しかし実際にレストランに行くとカレーの表情は違う。
ライトを決め、種類の違うフィルムで少しづつ撮ってみる。
多少の増感などで紙質と合わせる。
繊細でいて勢いのある料理は撮っていて楽しい。
同じ料理でもその表情は日々違ってみえる。

カレーと言えば僕の友人にプロ顔負けのカレー作りの名人がいる。
maharishiというハンドルネームでたまにこのblogにも登場。
本職は鍼灸師。
こちらの腕も天才的。
僕は慢性だったひどい肩こりを直してもらった。
友人の女性はまだ本人も自覚していなかった妊娠を治療中に告げられた。
皮膚の少し上に手をかざすだけで悪い部分をあて、治療してくれる。
昨日も撮影の前に背中の張りを直してもらった。

作るカレーは店を出せば必ずやチェーン店ができるほど美味しいし、その鍼は人を救う。
興味のある方はぜひこちらまで ↓
http://www.isshin-do.jp/

そういえば、この天才鍼師さんはかなり前には大手広告代理店にいた。
社員時代には、本人曰く「日本で初めてドレッド・ヘアーにした」らしい。
その髪型で出社していたとも聞く。

現在の風貌はインドの高僧。
ぜひ、そのお姿を拝みに行ってみてください(笑)

さあ、今日もまたカレーの撮影に出かけよう!


コンサートのお知らせ(友人紹介) [友人]

今回紹介するのは、

いつもこのblogで楽しい書き込みをしてくれる「越後屋さん」です!!


越後屋さんの写真家としての名前は安達ロベルト。
安達さんの写真展で観たオリジナル・プリントの艶っぽさに僕は感動しました。
どうして写真からこれほど水気を感じるのだろうかといつまでも眺めていました。
尊敬する写真家です。

今回はミュージシャンとしての安達さんを紹介します。
こちらは安達伸幸です。
3月に池上本門寺でコンサートを開きます。
どんな曲を演奏するのかわからないみなさんに、なんと! 安達さんが無料ダウンロードを提供してくれました。

しっとりと、水を感じます。
心にゆったりと染み渡ってきます。

安達さんからの案内を貼りました。
ぜひ、みなさん、安達さんを、観て、聴いて、触って(?)、楽しんでください。
小原も遊びにいきます。
こちらも楽しんでください(なにを?)


☆ーーーーーーー☆ーーーーーーー☆ーーーーーー☆ーーーーーー☆ーーーーーー☆

さて、来る3/2(金)の晩、数年前にやって好評だった池上本門寺にて、
再びコンサートを開きます。

http://www.honmonji.or.jp/05topic/05event/fgc/FGC01.html

これまで数多くの曲をつくってきましたが、そのなかのいわば代表曲
が今回の中心プログラムです。

●前回、本門寺のお坊さんが涙を流して聴いてくださった「Earth」

●ヨーロッパでも演奏され絶賛された「Promised Land」

●故郷・新潟の打ち上げ花火を彷彿させる「和火」

●レストランコンサートで、スタッフの方までが涙を流して聴いて
 くださった「睡蓮」  etc.............

これらに、新曲「Waltz 2007」と「ノクターン」などが加わります。

まだ私の音楽を聴いたことのない方のために、期間限定で
「Earth」のMP3ファイルを無料ダウンロードできるようにしました。

http://www.eight2one.com/symphonychamber.htm

3/2、ぜひこれを生で聴きにいらしてください。

私が安達ロベルトの名前でやっている写真とのコラボレーションもあり
ます。こちらもお楽しみに。

安達ロベルト オフィシャルサイト
http://www.robertadachi.com/

チケットは、
1)ドリンク付と、
2)フレンチディナー+ドリンク付があります。

※ 繁華街から少し離れていますので、コンサート前にどこかで食事を
済ませるおつもりの方は、会場にあるフレンチレストランで落ち着いて
食事をなさるのがオススメです。

ご予約はこちら↓です。
live@eight2one.com

池上本門寺は、東京における主要寺院の一つ。境内はみどころ満載です。
ちょっと早めにいらして散策なさってみてはいかがでしょうか。
http://www.honmonji.or.jp/
では、当日お会いできますように!!!!

感謝を込めて
安達伸幸

池上本門寺
朗峰会館フライデーコンサート
安達伸幸「ノクターン」

2007年3月2日(金)開場18:00 開演19:30(終演後は送迎マイクロバスあり)

池上本門寺・朗峰会館
東京都大田区池上1-2-1
電話:03-3752-3101
http://www.honmonji.or.jp/05topic/05event/fgc/FGC01.html

出演
 安達伸幸(Piano)
 清水達生(Percussion)
 小西浩子(Volin)
 齋藤英恵(Viola)
 宮澤 等(Cello)

写真家・安達ロベルトとして撮りためた心象風景の写真とともに、春の
夜に静かに染みいる音を奏でます。おぼろげな記憶の断片と、かすかに
ざわめく情熱の粒を感じてください。全曲オリジナル。

http://www.eight2one.com/
http://www.robertadachi.com/

■これまでのファンメールより■

「今回も来てよかったです。心地よいメロディーに、意表をつくエネル
ギッシュな展開。」(Aさん・女性)

「本当にすばらしかったです! 別に悲しい曲調ではないのに、たびた
び涙がこみ上げてきていました。まるで、私の中にある色んな想いと、
安達さんの音楽の波長が合った、そんな感じの瞬間でした。」
(Bさん・女性)

3,000円(ワンドリンク付)
6,000円(ディナー+ワンドリンク付・要予約)
席に限りがあります(特にディナーつきのほう)。ご予約はお早めに。
なお、ディナーは開演前にお召し上がりいただきます。

ご予約はこちらまで。
live@eight2one.com

*-*-*/*-*-*/*-*-*/*-*-*
eight 2 one
adachi@eight2one.com
http://www.eight2one.com

☆ーーーーーーーー☆ーーーーーーー☆ーーーーーーー☆ーーーーーーー☆ーーーーー☆


安達さんの中にある「太陽、水、地球」、写真と音楽で楽しんでください!!


旅人紹介 [友人]





誰にも旅先で懐かしく思いだす人がいる。

家族、友人、旅で知り合ったあの人。

仲がいいのか、悪いのか(笑)、僕にもそんな旅の友人がいる。
ハワイ、バンクーバー、ポルトガル、北海道・・、何度も旅したちょっと変わった友人(ゴメン)
作家であり、写真家であり、ハワイと旅の達人である。
一番の共通点は「ビーチサンダル好き」
一緒に旅に行くときはいつも「小原さん、持って行くカメラはローライだけでいいよ」と言う。

プロというものは必ず最悪のことを考えてたくさんの機材を持って行く。
編集部、クライアントがたくさんのお金をつかい、10ページ、20ページ、多い時は50ページもの誌面を用意して待っている。
表紙や第一特集の時は売り上げに影響する。
しかし、彼は、あえて僕の得意なカメラ一台で旅することを望む。
そのほうが僕の良さがでるから。
そして旅の良さが現れるから。

彼のたどった道とは・・
その先の旅とは・・
気になる旅人である

時には喧嘩をしながら、時にはレストランのテーブル・ナプキンに落書きをしながらつづけた旅。
また旅をしてみたい。

そんな旅人、今井栄一さんのblogはこちら

http://blog.excite.co.jp/switch-imai/
『switch』『coyote』などで執筆中
『雨と虹と、旅々ハワイ』『旅々ハワイ、日々カウアイ』著書




(注)
決して変な関係ではありません!(笑)