So-net無料ブログ作成
曼荼羅  MANDARA ブログトップ
前の20件 | -

宇宙   [曼荼羅  MANDARA]

fuji419.jpg





太陽はいつも丸い。
それだけですごいと思う。
動かない富士もいい。
形を持たない波もまたすごい。




またたき   [曼荼羅  MANDARA]

315y50.jpg





あしもとにも 瞬き




龍 その1  [曼荼羅  MANDARA]

227yoshidakou.jpg





ゆらゆらと水面に揺れる黄金の光はまるで龍の胴体のよう。
頭を空に、そして宙へと昇る。





樹   [曼荼羅  MANDARA]

1218kamakura.jpg





葉が落ち、樹が輝いている。
直線でもなく、曲線でもなく、その線が美しい。
一年の間に育て上げた葉を大胆にはらい落とす度胸もまたいい。
冬の樹を見ていると、清々しい気持ちになる。




淡        [曼荼羅  MANDARA]

1212kama3.jpg1212kama4.jpg1212kama5.jpg1212kama1.jpg






淡いほど、美しいのが光。
寒いほど、温かいのが光。




大樹   [曼荼羅  MANDARA]

taiju1111.jpg






樹を見ると、日常と違う時の流れを感じる。
自分という存在が消え、チャンネルが変わる。





冬の森   [曼荼羅  MANDARA]

kumanojinnja1109.jpg






冬の森に、天の川




なごり   [曼荼羅  MANDARA]

901b.jpg





夏のなごり。
花は散り、葉が残された。
蝉は死に、子は土に生まれる。

僕は、仕事が終わらない〜〜





コメント(2) 

くぎり   [曼荼羅  MANDARA]

405c.jpg





週末を久しぶりに東京でのんびりと過ごした。
いつもは静岡に帰ったり、写真を撮ったりしているので、リフレッシュ。
偶然にも仲間達のガムラン演奏が代々木であるので、練習にまぜてもらったり、本番を観ることにした。

驚いたのは音響のよさ。
ひとつひとつの音が気持ちよく客席に伸びてくる。
「音を大切にあつかってくれてありがとう」と音響さんにお礼したくなるほど気持ちがいい。
ということは、演奏を間違えたらこれもまたしっかりと聴こえてしまう。
出なくてよかった…

途中でハプニングはあったが、結果、より音に緊張感がうまれ、そのざわめきがバロンに乗り移り、バロンがそれを消化し、素晴らしい演奏になった。
音もエネルギーなのだな、とあらためて感じた。
そしてみな純粋にこのグループが好きなのだと思った。
楽しい休日だった。


この一年間、ほんとにいろいろなことが身の回りでおこっている。
先月も子供の頃からお世話になっている人を見送った。
大切なものが手の平からまたひとつ転げ落ちて行く。
もはや感傷という言葉はなく、僕はただ過ぎて行く風景を見送るだけ。
写真とは不思議なものである。
どんなに努力しても破れない壁がある。
しかし強風が吹くことでそんな壁の形はなくなることもある。

この春、プロとして写真を撮るようになって二周りが過ぎた。
ようやく成人式を迎えるような心境である



コメント(2) 

梅     [曼荼羅  MANDARA]

310web.jpg





春の雪。
梅の花の白さに嫉妬したのだろうか。
冬の亡霊が地に溶けていく。





コメント(4) 

薄明かり   [曼荼羅  MANDARA]

124.jpg





去るものは風にのり、来るものはわずかばかりの枯れ葉を揺らす。




コメント(0) 

白   [曼荼羅  MANDARA]

110.jpg





輝く花
透明な光
感謝の色






コメント(2) 

距離   [曼荼羅  MANDARA]

107.jpg





寄り添わず
ただ赤く咲く





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


このごろ、赤という言葉をよく使う。
白い雪、白い雲には赤がよく似合う。
少女のように可憐な赤や、血のように鼓動する赤。

カメラのストラップを赤と黒のストライプに変えてみた。
赤い関係。





コメント(2) 

はじまり   [曼荼羅  MANDARA]

105.jpg





白き魂と、赤き血が出会う
再生のとき




コメント(2) 

写真とガムランとピアノ [曼荼羅  MANDARA]

1215.jpg




数日前にガムラン奏者の櫻田素子さんから連絡があった。
櫻田さんとは今年の4月に池袋のライブハウスでガムランと写真のコラボを行った。
ライブでは曲にあわせて約120点もの写真をスクリーンに写しだした。
いままで撮りためたバリの写真、新作、日本、たくさんのお客さんに観ていただき楽しいイベントだった。
http://kohara.blog.so-net.ne.jp/2009-03-09

今回はこのブログで連載している曼荼羅シリーズを観ていたら新曲ができたので今週の金曜日のライブで演奏したいとのこと。
ということで「ライブで写真使っていい?」なんていういつも通り突然の連絡。
相変わらず人使いがあらい(笑)
櫻田さんのガムラン奏者としての活躍はよく知られているが、作曲家としての才能もすごい。
しかも今回のライブはガムランとピアノの融合。
なにが起こるか気になっていた。
そんな中で僕の写真も交じり込むことは興味がある。
演奏中の後方のスクリーンに、今回はゆっくりと写真が流れていることになるだろうが、のんびりと観てみたい。

お時間があれば来てください。
火曜のみなさん、神戸や富山からの遠方からの参加もお待ちしています。




2009年12月18日(金)18:30open 19:30start
@鈴ん小屋(りんごや・池袋) http://www.ringoya.org/html/top.html

曼荼羅シリーズ http://kohara.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300806845-


コメント(6) 

別れ   [曼荼羅  MANDARA]

1214web.jpg




音もなく
風もなく
流れゆく




コメント(0) 

放射   [曼荼羅  MANDARA]

E1web.jpg





光より放たれ
光へ還る





コメント(8) 

幻   [曼荼羅  MANDARA]

1202f.jpg




時のはざま
幻は光





コメント(0) 

生      [曼荼羅  MANDARA]

1130b.jpg





赤く散り
赤き身体で
また生まれ






コメント(0) 
前の20件 | - 曼荼羅  MANDARA ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。